モータースポーツ

車が好きな人たちにとって大半の人がこのモータースポーツに関わっていますが、そんなモータースポーツにおいてもメルセデスベンツは数多くの伝説を残して きました。それもそのはず、あの第二次世界大戦のそれよりもっと前からメルセデスベンツの車両はレースにおいて登場し、モータースポーツのシーンを盛り上 げていたのです。

 

ここで気になるのがよく「シルバーアロー」とメルセデスが呼ばれることですが、これはどうしてかと言うと、ドイツのにゅるぶるくりんくと 呼ばれるサーキットで開かれたレースがきっかけです。その当時から格闘技のクラス分けと同じく車体の総重量に規定があったのですが、メルセデスのチームは この規定重量をわずか1キロオーバーしてしまいました。これをクリアしてどうしてもレースに出場するために、本番前夜に塗装を全てはがして、ボディのアル ミをむき出しにする事にしました。

 

一晩を費やして規定重量をクリアし、それにそのままゼッケンをつけて走った結果がなんと優勝。その光景は「銀色の矢が 走っている」と言われ、シルバーアローと呼ばれるようになりました。そんな経緯から現在のモータースポーツにおいてもトレードカラーを銀色としているので す。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。