ナチスとベンツ

メルセデスベンツは本国ドイツだけではなく、自動車が普及している地域においてはあまりにも有名な高級車としその名前を知らしめていますが、この背景に はあのナチスが深くかかわっていることでも有名なのです。

 

ナチスドイツと言えば指導者であるアドルフ・ヒトラーをはじめとして、アウシュビッツやユダヤ人 関係などで有名な黒い軍服が印象強い集団でした。そんなナチスがどうしてこのメルセデスベンツとかかわりがあるのかと言うと、そのナチスが自動車を普及さ せるきっかけになったからなのです。

 

ドイツで有名なアウトバーンも実はヒトラーをはじめとしたナチスが造ったものであり、国内では自動車税の撤廃もされま した。それからナチスが運転技術を向上させるために党内に自動車隊を設置したときに、運転の教官を派遣したり、教習者を無料で貸し出したりといったサポー ト、バックアップを行なっていたのがベンツであります。

 

そして軍事車両やエンジン、さらにはヒトラー専用のベンツも作り上げるなど、このようにナチスとベ ンツの間には深い関係があったのです。ですが戦時中は軍事施設として爆撃を受けたり、終戦後にはナチスにかかわった企業とされてしまい多額の賠償金を支払 うことにもなりました。

 

 

 

コメントは受け付けていません。