小型車

コンパクトカーや軽自動車が日本において普及しているのは、それが日本の道路事情を考えているからと言っても過言ではありません。日本は島国ですから当然 道路を造ることの出来る幅や長さ、広さは限られてきます。アメリカやヨーロッパなどとは違って道が狭いのはそうした事情があるわけで、そうなると自動車 メーカーも自ずと小さな車を開発するようになったのです。

 

それから輸入車でも同じようにコンパクトカーが日本人には好まれますが、ベンツに乗りたいという 人向けにきちんとベンツはコンパクトなモデルを用意しています。その代表的なクラスとしてはベンツの「Aクラス」が挙げられます。見るからにそのスタイル は小型であり、キビキビ走りそうなベンツでありますが、実際のところは意外にも小回りが効きにくいと言うことはあまり知られていません。

 

ベンツの生産する クラスの中ではもっとも小型のクラスに位置していますが、何故小回りが効かないのかと言うと前輪駆動(FF)を採用しているからです。しかし、ベンツの中 ではもっとも小型なクラスのモデルであることもあり、ベンツに乗りたいけど大きいのは嫌だと言う人が選ぶ傾向にありますし、価格も安く設定されています。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。